トピックス

この記事は歯科医療関係者のみご覧ください。〈一般のみなさまへの情報提供を目的としたものではありません〉

【終了】日本歯科産業学会学術講演会に参加します

2024年6月22日(土)~23日(日)に高知県(高知県立県民文化ホール グリーンホール)で第39回日本歯科産業学会学術講演会が「環境変化に対する歯科の在り方」をテーマに開催されます。

日本歯科産業学会について

日本歯科産業学会は歯科器材の調査研究および臨床評価を目的として1986年に設立されました。
よりよい歯科用機器、材料のために、メーカーの開発した新製品を会員の歯科医療関係者が臨床評価し、その結果を学術講演会や学会誌で発表する活動を事業としています。[1]

※参考[1]日本歯科産業学会 Webサイト(http://www.jsdp.org/index.html)

このたび第39回学術講演会が高知県にて、次の内容で開催されます。

1日目(6月22日(土))

  • 末瀬 一彦氏による企画講演 「令和6年度 診療報酬改定の概要-デジタル化の推進-」
  • シンポジウム 「地域歯科医療の将来」
  • 一般口演 3題

2日目(6月23日(日))

  • 山本 哲也氏による特別講演 「組織培養技術に基づく歯科治療と今後の展望」
  • 伴 清治氏、高岡 亮太氏による教育講演 「ジルコニア修復のアップデート」
  • ランチョンセミナー 「医用画像AIの研究開発」
  • 一般口演 3題

詳細については次をご参照ください。

開催概要

プログラム

 

ヤマキンではつぎの演題で登壇いたします。

6月22日(土) シンポジウム「地域歯科医療の将来」
産学官連携で取り組む地域歯科医療について
坂本 猛(YAMAKIN株式会社 常務執行役員/高知大学医学部次世代歯科医療開発講座 特任准教授)

6月23日(日)特別講演 および 教育講演
座長 山添 正稔(YAMAKIN株式会社 主席研究員/大会長)

なお、山添 正稔は、今回の第39回日本歯科産業学会学術講演会で、大会長を務めております。

当日、参加登録できます!

現地会場のみで開催されます。
事前に参加登録がお済みでない方も、会場受付に直接お越しください!

時事に即した特別講演やシンポジウムが組まれ、企業からの展示も行われます。[2]参加をご検討ください。

※参考[2]日本歯科産業学会 Webサイト学会情報より(http://www.jsdp.org/gakkaiannai.html)

主催サイト 第39回日本歯科産業学会学術講演会

高知開催PR動画