トピックス

この記事は歯科医療関係者のみご覧ください。〈一般のみなさまへの情報提供を目的としたものではありません〉

中部日本デンタルショーに出展しました。

2018年2月17日(土)~18日(日)の2日間、名古屋市中小企業振興会館(吹上ホール)にて、第41回「中部日本デンタルショー」が開催され、ヤマキンも出展いたしました。

中部日本デンタルショーに出展しました。

例年を上回る来場者。「MTAセメント」「ガンマシータ」に注目が集まりました。

寒いながらも2日間ともに天候に恵まれ、主催者発表で11,337名の来場がありました。
昨年は10,847名でしたので、およそ500名の大幅増。2018年4月の院内感染防止に関する施設基準新設を前にした、洗浄・滅菌処理機器への注目とともに、最近の金属代替材料の普及など、話題豊富なデンタルショーとなったことで、昨年を越える来場者となったようです。

ヤマキンのブースでは、MTAセメントや小・大臼歯用ブロックをはじめ、ジルコニアなどのCAD/CAMマテリアル、スマイルライトMDPなどを展示し、皆様をお迎えいたしました。

中でも、MTAセメントによる覆髄は、最近の各歯科専門誌の特集に掲載されるなど、いま注目の治療法です。
ヤマキンのブースでは、臨床家の皆様と情報交換しながら、水酸化カルシウム製剤との違いやヤマキンの「TMR-MTAセメント」の特長などを紹介しました。

 

MTAセメントとともに、歯科医師・歯科衛生士の皆様から数多くご質問いただいた事項は「ペンギンアルファ」と「アイゴス」「アイゴスボンド」を使用したチェアタイム短縮でした。

 

「TMR-MTAセメント」の企画講演を特設会場で開催しました。

18日(日)の午前中には、特設講演会場にて「新製品TMR-MTAセメントの5つの特徴」と題し、ヤマキン開発部執行役員の加藤が企画講演を行ないました。
朝10時という早い時間にも関わらず、写真のように多くのお客様がお越しになり、MTAセメントを使用した覆髄に関心が集まっていることを実感しました。

 

「ガンマシータ」とともに「ポスター」「リーフレット」に高い評価をいただきました。

ヤマキンの大臼歯用ブロック「KZR-CAD HR ブロック3 ガンマシータ」には、今回もユーザー様やディーラーの営業担当者の皆様だけでなく、他メーカーの担当者様も、続々とお問い合せにいらっしゃいました。

内閣総理大臣賞 第7回「ものづくり日本大賞」受賞対象技術である「フッ素徐放性と高強度の両立」をさらに進化させ、大臼歯用として応用した技術による「ガンマシータ」は、歯科医師・歯科技工士のどちらの方からも「使ってみたい」という声を頂戴しました。

また、院内で患者様にCAD/CAM冠をご紹介する「ポスター」や「リーフレット」は、歯科医師の皆様に高い評価をいただきましたので、早速その場で院内掲示用にお渡しいたしました。

 

次回のデンタルショーは、2018年6月2日(土)~3日(日)の九州デンタルショーです。
マリンメッセ福岡でお会いできることを楽しみにしております。

管理医療機器 TMR-MTAセメント 歯科用覆髄材料 認証番号:229AABZX00044000
管理医療機器 アイゴス 歯科充填用コンポジットレジン 認証番号:226AABZX00132000
管理医療機器 アイゴスボンド 歯科用象牙質接着材(歯科セラミックス用接着材料)(歯科金属用接着材料) 認証番号:226AABZX00133000
管理医療機器 KZR-CAD HRブロック3 ガンマシータ 歯科切削加工用レジン材料 認証番号:229AABZX00114000 機能区分:CAD/CAM冠用材料(Ⅱ)
製造販売元:YAMAKIN 株式会社 〒781-5451高知県香南市香我美町上分字大谷 1090-3

一般医療機器 ペンギン アルファ 歯科重合用光照射器 特定保守管理医療機器 届出番号:13B2X00316310018
販売元:YAMAKIN株式会社 〒543-0015 大阪市天王寺区真田山町3番7号
製造販売元:ピヤス株式会社 東京都江戸川区平井6-73-9