学術・安全性

この記事は歯科医療関係者のみご覧ください。〈一般のみなさまへの情報提供を目的としたものではありません〉

CAD/CAMインレーのシェード選択ガイド

「CAD/CAMインレー」にはCAD/CAM冠用材料(ハイブリッドレジンブロック。以下、ブロック)を使用しますが、インレーはクラウンの形状に比べ薄いことから、シェード選択に迷うことがあると思います。
「CAD/CAMインレー」の材料に、ヤマキンの「KZR-CAD HRブロックシリーズ」を用いるとき、修復対象の天然歯にあわせたシェード選択の「勘どころ」をお伝えします。
より審美性の高い治療のため、ぜひご参考ください。

シェード選択の目安

修復対象の天然歯がA1~A3であれば、ヤマキンオリジナルの新シェード「E(エナメル色)」ひとつで対応できます。
また、A3.5やA4であれば、「1シェードダウン」を目安にしていただくとよいでしょう。

「E」は、つぎの2製品にラインアップしております。

  • 小臼歯:CAD/CAM冠用材料(Ⅱ) KZR-CAD HR ブロック2 BG
  • 大臼歯:CAD/CAM冠用材料(Ⅲ) KZR-CAD HR ブロック3 ガンマシータ

インレー シェード選択の目安

 

上表は「KZR-CAD HRブロックシリーズ」を用いた例です。インレーの厚みや窩洞部の色調などが影響するため、実際の症例に応じてシェードを選択してください。

「E(エナメル色)」以外のブロックを用いる場合

天然歯のA1~A3に対して、ブロックのA1~A3を使用して修復したイメージは次の表のとおりです。

修復イメージ

 

小臼歯用 HR ブロック2プラスには「E(エナメル色)」はラインアップしておりません。
また、HR ブロック3 ガンマシータには「A1」はラインアップしておりません。

なお、歯科技工指示書で指定されたシェードとブロックのシェードが異なる場合、トレーサビリティシールと指示書のシェードに相違が生じます。
あらかじめ、より審美性を得るため異なるシェードを用いる旨を、歯科医師と歯科技工士間で情報交換していただくことをおすすめいたします。

KZR-CAD HR ブロックシリーズのラインアップ

 

CAD/CAMインレー修復のポイント
https://www.yamakin-gold.co.jp/yn/ym169_cadcam-inlay/

KZR-CAD HRブロックシリーズ
https://www.yamakin-gold.co.jp/prdct_dental/cadcam/index.html

 

KZR-CAD HR ブロック2 管理医療機器 歯科切削加工用レジン材料 認証番号:226AABZX00171000
KZR-CAD HR ブロック2 BG 管理医療機器 歯科切削加工用レジン材料 認証番号:302AABZX00039000
KZR-CAD HR ブロック2 BGy 管理医療機器 歯科切削加工用レジン材料 認証番号:304AKBZX00009000
KZR-CAD HR ブロック3 ガンマシータ 管理医療機器 歯科切削加工用レジン材料 認証番号:229AABZX00114000
KZR-CAD HR ブロック3 ガンマシータz 管理医療機器 歯科切削加工用レジン材料 認証番号:303AKBZX00111000
KZR-CAD HR ブロック4 イーバ 管理医療機器 歯科切削加工用レジン材料 認証番号:302AABZX00064000
KZR-CAD HR ブロック4 イーバy 管理医療機器 歯科切削加工用レジン材料 認証番号:304AKBZX00010000
製造販売元:YAMAKIN 株式会社 〒781-5451 高知県香南市香我美町上分字大谷 1090-3