Q&A

この記事は歯科医療関係者のみご覧ください。〈一般のみなさまへの情報提供を目的としたものではありません〉

【歯科技工Q&A】ルナウィング 連結部にクラックが発生する場合の対処

【Q1】ブリッジなど大きな症例の光重合時に、連結部にクラックが発生することがあります。対処方法を教えてください。

A

一度に多量に築盛した状態で、光重合を行わないでください。

重合収縮の影響で、ごくまれに連結部に応力が集中しクラックが発生ることがあります。
また、光重合器が熱を持つ機種を使用されている場合は、重合収縮量が増大するため特に注意が必要です。
つぎの対処方法で抑制ができます。

  1. 一度の築盛量を少なく数回に分け築盛する。
  2. オペーク塗布後、ボディレジンを最初から連結部を繋げて築盛するのではなく、1歯ずつ築盛して、最後にエナメルで連結部を繋げるように築盛する。

管理医療機器 ルナウィング 歯冠用硬質レジン 認証番号:218AABZX00035000
製造販売元:YAMAKIN 株式会社 〒781-5451 高知県香南市香我美町上分字大谷 1090-3