製品・サービス

この記事は歯科医療関係者のみご覧ください。〈一般のみなさまへの情報提供を目的としたものではありません〉

「ヤマキンのものづくり」から生まれた「ガンマシータ」の発売です!

お待たせいたしました。

ヤマキンの大臼歯ブロック「KZR-CAD HR ブロック3 ガンマシータ」。
ついに本日、2018年2月1日から発売いたします!!

「ヤマキンのものづくり」から生まれた「ガンマシータ」の発売です!
大臼歯に適した「高強度」と「フッ素徐放性」を両立した製品です。
「KZR-CAD HR ブロック3 ガンマシータ」は、新たにCAD/CAM冠の保険適用範囲となった、下顎第一大臼歯に対応した高強度かつフッ素徐放性を有した大臼歯用ハイブリッドレジンブロックです。
※フッ素徐放性を有した高強度ハイブリッドレジンブロックは、日本で唯一、ヤマキン独自の技術から生まれました。

2018年1月13日~14日の「横浜デンタルショー」で発表するやいなや、歯科医師・歯科技工士やディーラーのみなさまだけでなく、各メーカーの開発・営業の方々もヤマキンブースに来られるなど、発売前から話題の製品となりました。

「ものづくり日本大賞」受賞の技術をブレイクスルー。ヤマキンの開発力の結晶です。

ヤマキンのプロジェクトメンバー5名が受賞した、内閣総理大臣表彰「ものづくり日本大賞」優秀賞。
受賞対象の「世界初、フッ素徐放性を付与したCAD/CAM用高性能歯科材料の開発」(経済産業省WEBサイトから転記)は、従来困難とされてきた「高強度」と「フッ素徐放性」を両立させ、2015年10月に小臼歯用ブロック「KZR-CAD HR ブロック2」として製品化。多くのお客さまにご利用いただいており、国内シェアは25%を超えました。
※ 典拠:「歯科機器・用品年鑑 2018」株式会社アールアンドディ (数量ベース25.6%)

さらにヤマキンでは、この技術を継承・進化させ、「KZR-CAD HRブロック3 ガンマシータ」を開発しました。
この「ガンマシータ」は、「製品・技術・情報・サービスを有機的に組み合わせて、市場における全てのお客様に価値を提供する」という「ヤマキンのものづくり」の理念を投影した製品です。

大臼歯で安心して使用いただけるよう、フッ素徐放性を有しながら、37℃水中浸漬7日後の3点曲げ強さは、270MPa(±20)を示します。(浸漬なし=300MPa(±20))

「ガンマシータ」は、近年急速に進む歯科医療のデジタル化に対応するため、口腔内の各部位に適応できるCAD/CAM切削用材料の研究開発を着実に進めてきたヤマキンの研究開発の結晶です。

◎KZR-CAD HRブロック3 ガンマシータ
http://www.yamakin-gold.co.jp/prdct_dental/cadcam/index.html#hr3

管理医療機器 KZR-CAD HRブロック2 歯科切削加工用レジン材料 認証番号:226AABZX00171000 機能区分:CAD/CAM冠用材料(Ⅰ)
管理医療機器 KZR-CAD HRブロック3 ガンマシータ 歯科切削加工用レジン材料 認証番号:229AABZX00114000 機能区分:CAD/CAM冠用材料(Ⅱ)
製造販売元:YAMAKIN 株式会社 〒781-5451高知県香南市香我美町上分字大谷 1090-3