製品・サービス

ヤマキンの地金加工について(造幣局編)

2016年の漢字は「金」(公益財団法人日本漢字能力検定協会)

ヤマキンは、一般社団法人日本金地金流通協会の正会員24社のうちの1社で、西日本有数の地金商です。
ヤマキンが製造販売する貴金属地金に打たれたYAMAMOTOの刻印は、全国で通用する地金商の信頼の証です。

さらに貴金属加工事業において、2017年に創業60周年を迎える歴史の中で培われたヤマキンの「技術」は、独立行政法人造幣局の厳しい技術審査をクリアし、加工業者として認定されています。

造幣局請負加工フロー

落札履歴(直近3件)
2016年7月22日 落札 金円形加工 (661枚)
2015年11月11日 落札 銀圧延板加工 (203枚)
2015年4月10日 落札 銀圧延板加工 (430枚)

加工工程

◎溶解炉から流れ出る金属溶湯

◎圧延機での作業

◎貨幣の模様を出すための圧縁機

これらの加工品は、造幣局の厳しい品質検査を経て、記念貨幣などに形を変えていきます。

みなさんが造幣局発行の記念貨幣をご覧になったとき、それはヤマキンの加工技術と厳しい品質管理をクリアし、納入された製品原材料からつくられた貨幣かもしれません。

ヤマキンでは、高い精度が求められる造幣局の請負加工を通じ、より一層高い加工技術を蓄積し、歯科・工業の各貴金属製品への水平展開を図っております。