トピックス

「産学官連携ジャーナル」で「ヤマキン博士会」が紹介されました。

「製品レポート」や専門書、歯科用CAD/CAMハンドブックの監修をはじめ、ヤマキンのイノベーションの原動力となっているのが「ヤマキン博士会」です。

国立研究開発法人 科学技術振興機構が発行するオンラインジャーナル「産学官連携ジャーナル」の2017年9月号に、「中小企業で発揮する博士力 博士10人在籍の中小企業 驚きの経営術」として「ヤマキン博士会」の記事が掲載されました。

記事の冒頭には、次のように書かれています。

博士人材を引き付け、輩出し、生かす。そんな中小企業が高知にある。
経営者自らが博士号を取得し、在籍する10人の博士には元大学教授もいる。
大学や研究機関、大企業の研究職など職域が限られると思われていた
博士人材だが、職域を広げ活用する、その経営術とは。

本文では、社員の学位取得や博士会の役割などがエピソードを交えて紹介されており、さらにメイドインジャパンの信用や評価の継承の必要性や、ヤマキンのスピーディな製品実現は地方での産学連携が秘訣であることなどが書かれています。

「産学官連携ジャーナル」はWEBサイトのジャーナルで、どなたさまにもお読みいただける記事です。

ぜひ下のURLをクリックして、ご一読ください

●産学官連携ジャーナル
https://sangakukan.jp/journal/journal_contents/2017/09/articles/1709-02-1/1709-02-1_article.html

※記事・画像は転載許諾をいただいております。