集え、未来の高知のデザイナーたち 集え、未来の高知のデザイナーたち
創造性を呼び起こせ
デジタルデザインコンテスト作品募集

これからの時代をリードするDX。そのツールとなるデジタル技術は、私たちの生活の様々な分野で活用が進んでおり、その大きな流れは、ここ高知にも到来しています。
私たちオーテピア高知図書館とYAMAKIN 株式会社は、デジタル技術が県内で一層発展し、より身近な存在になることを熱望しており、その端緒とすべく、このコンテストを開催するものです。

主催機関

平成30年に開館した全国初の県市合築による図書館(高知県立図書館・高知市立市民図書館 本館)です。「これからの高知を生きる人たちに力と喜びをもたらす図書館」の基本理念の下、地域を支える情報拠点として様々な図書館サービスを提供しています。当コンテストでは、これらの図書館サービスを作品制作に役立てていただくことで、デジタル技術の研やデジタル人材の育成に資することを期待しています。

貴金属地金の加工販売に始まり、歯科材料の開発・製造及び販売を手掛けています。 今年創業65年を迎え、令和4年7月1日に本社を大阪市から高知県香南市に移転します。高知の若者に役立ててもらいたいという想いから2008年からオーテピア高知図書館(高知県立図書館)に寄付を続け、現在、蔵書7,000冊以上の全国屈指のIT・プログラミング関連図書コーナー「ヤマキン・ライブラリー」として成長しています。

作品テーマ

募集作品

デジタルアート部門


デジタルイラスト、グラフィックデザイン、CG等の静止画作品




CGアニメーション部門


全編CGアニメーションの映像作品

応募期間

令和4年 9月1日~12月23日

応募方法

申し込みフォーム、または郵送にて受付

(詳しい応募方法は、後日ホームページにてご案内いたします)

応募資格

以下の(1)と(2)の両方を満たすことを要件とします。
(1) 平成9年1月1日から平成19年4月1日までに生まれた方。
(2) 令和4年9月1日現在、高知県内に在住しているか、高知県内に在勤または在学していること。
※ 性別、国籍、個人・グループを問いません。 なお、グループは全てのメンバーが(1)と(2)の両要件を満たし、
メンバー数は5人以内とします。
※デジタル技術やICTを活用したコンテンツ制作を職としている方は対象になりません。

審査・発表・表彰

評価基準(全部門共通)
企画力・表現力・技術力・テーマ性を評価基準とし、その総合点で判断します。
入賞者には、賞状・賞金を贈呈します。

※応募作品が審査基準に満たないなどの理由により、該当作品がない場合もあります。

★オーテピア賞は作品作りに県内の図書館をどう活用したかが審査のカギに!
図書館を使って、作品を制作してみましょう!

図書館の活用について詳しくは
コチラから

審査結果発表

令和5年2月上旬にHPにて
発表します。


©Digital design contest


TOP