Yamakin
  文字サイズの変更
English Dental Material English Industrial Material 中 文 採用情報 サイトマップ
企業情報 貴金属地金部門 貴金属精錬部門 貴金属加工部門 歯科材料部門 お問い合わせ
ホーム > 歯科材料部門 > 書籍 > 歯科用CAD/CAMハンドブック
歯科材料部門トップ
診療用材料
TMR-ゼットフィル10.
TMR-アクアボンド0
TMR-MTAセメント ミエール
マルチエッチャント
CAD/CAM材料・機器
KZR-CAD Zr(ジルコニア)
KZR-CAD ジルコニア グラデーション
KZR-CAD NANOZR(ジルコニア)
KZR-CAD ハイトランスZr(ジルコニア)
KZR-CAD HR(ハイブリッドレジン)
KZR-CAD HR2(ハイブリッドレジンブロック)
KZR-CAD HR2 GR(ハイブリッドレジンブロック)
KZR-CAD HR3 ガンマシータ(ハイブリッドレジンブロック)
KZR-CAD Ti(チタン)
歯科用貴金属合金
陶材焼付用合金
金合金
歯科用金地金
添加合金
金銀パラジウム合金
銀パラジウム合金
銀合金
ソルダー
関連材料1
書籍
歯科用貴金属合金の科学
歯科用デジタルハンドブック1
歯科用CAD/CAMハンドブック
歯科用CAD/CAMハンドブック2
歯科用CAD/CAMハンドブック4
歯科用CAD/CAMハンドブックW(4)
歯科用CAD/CAMハンドブックX(5)
歯科用CAD/CAMハンドブックY(6)
歯科用CAD/CAMハンドブックZ(7)
歯科有機材料の科学
歯科材料の安全性
歯科メタルセラミック修復用陶材
ゼオセライト
ゼオクイック
歯冠用硬質レジン
ツイニー
ルナウィング
歯科用接着材料
マルチプライマー
輸入商品
スマイルライン
歯科用機械
LEDキュアマスター
PREキュアマスター
LEDキュアマスター
ペンギンアルファ
テクニカルサポート
実技研修会情報

歯科医療関係者専用「書籍」

書籍サンプルを見る


歯科用CAD/CAM
ハンドブック
〜 CAD/CAMの基礎知識から材料特性まで 〜

書籍ご注文フォーム
監修
安楽 照男
高知工科大学大学院博士課程修了 博士(工学)
YAMAKIN株式会社 常務取締役
糸魚川 博之
北海道大学大学院博士課程単位取得後退学 博士(理学)
YAMAKIN株式会社 品質保証課 主任研究員
加藤 喬大
高知工科大学大学院博士課程修了 博士(工学)
YAMAKIN株式会社 有機材料開発課 主幹研究員
坂本 猛
北海道大学大学院博士課程修了 博士(薬学)
YAMAKIN株式会社 有機材料開発課 主任研究員
レジン開発チーム プロジェクトリーダー
佐藤 雄司
高知工科大学大学院博士課程修了 博士(学術)
YAMAKIN株式会社 無機材料開発課 兼 第一工場製造課 課長
松浦 理太郎
愛媛大学大学院連合博士課程修了 博士(農学)
YAMAKIN株式会社 生体科学安全研究室 上級主任研究員
山添 正稔
松本歯科大学大学院博士課程修了 博士(歯学)
松本歯科大学,石川県歯科医師会立歯科医療専門学校,
大阪歯科大学歯科技工士専門学校 非常勤講師
YAMAKIN株式会社学術部 兼 無機材料開発課 上席主幹研究員
山本 裕久
高知工科大学大学院博士課程修了 博士(学術)
YAMAKIN株式会社 代表取締役会長

執筆(50音順)
加藤 喬大 河田 岩雄 佐藤 雄司
中嶋 英陽 藤間 研也 松浦 理太郎
山添 正稔 山本 恭平  

制作協力
・ヤマキン博士会
・CAD/CAM支援プロジェクトチーム
hr
書籍情報
価 格:本体1,000円+税
単行本:86ページ
発 行:YAMAKIN株式会社
GS1-128コード:0104560231196157
発売日:2015年1月20日(2015年2月9日 第1版発行)
商品の寸法: B5判(25.7 x 18.2 x 0.5 cm)
hr

(1) 本書を刊行させていただいた背景について
   みなさまご承知のとおり、昨年4月にはCAD/CAM冠が先進医療から保険導入され、新しい技術の到来に期待がかかっています。
かねてより問題視されておりますが、近年、歯科技工士専門学校への入学者が極端に減少、歯科補綴物を製作する歯科技工士の減少と高齢化が現実化しています。人手不足による歯科医療の品質低下は患者のQOLを維持するために喫緊で解決しなければならない課題であり、コンピュータによる歯科補綴物の設計、作製する歯科用CAD/CAMシステムの普及が解決策のひとつと見られます。
歯科用CAD/CAMシステムでは、歯科技工士が手作業(アナログ)で行っていた一部作業をコンピュータ(デジタル)で設計・加工を行うことにより、歯科技工士のいくつかの作製プロセスを省くことができ、人手不足の問題を解決すると考えられています。さらに精度に影響する手作業を極力排除することで、精巧なものを安定的に作製することが期待され、歯科技工士の働き方は、以前とは異なるステージに進化する可能性があります。
これはまさに歯科業界における技術の不連続(アナログからデジタルへの変革期)であり、現在の歯科業界はひとつの「産業革命」の真只中にあると言えます。
そのような環境にある歯科業界では、ハンドブック第9章で触れておりますとおり、歯科技工士のみなさまから歯科用CAD/CAMに関する情報や技術指導・支援について求める声が非常に多いのが現状です。そこで、弊社では、いち早く「CAD/CAMとは何か」「CAD/CAMでできることは何か」など、わかりやすい情報をまとめ、提供させていただくことといたしました。

(2) 本書の目的
技術の不連続あるいは産業革命の中にある歯科業界において、歯科医師や歯科技工士のみなさまに自社の研究や共同研究で培った技術や情報をお伝えすることで、今後、小規模歯科技工所でも新しいデジタル技術をスムーズに導入していただき、地域歯科医療の発展と日本の技術伝承に貢献することを目的としております。

目 次

1. はじめに
2. アナログからデジタルへ(技術の不連続)
(中嶋 英陽)
3. 歯科用CAD/CAM システム (中嶋 英陽)
4. 各社システムの現状 (中嶋 英陽)
5. ヤマキンCAD/CAM 支援システム (河田 岩雄)
6. CAD/CAM トライアルセッションおよび
      CAD オペレータープラクティカルセミナー
( 河田 岩雄)
7. ヤマキンの切削技術の研究 (山本 恭平)
8. 各種CAD/CAM 材料の種類と特徴
      8-1 レジン材料 (加藤 喬大)
      8-2 ジルコニア材料 (佐藤 雄司,山添 正稔)
      8-3 チタン材料 (藤間 研也,松浦 理太郎)

9. 歯科用CAD/CAM システム導入についての市場分析(河田 岩雄)


専門書についてのご注文・お問い合わせは、歯科材料部門
専用フリーダイヤルまで。
歯科商店様へのご注文は、書籍ご注文フォームから。
フリーダイヤル 0120-39-4929
書籍ご注文フォーム

ページトップへ
YAMAKIN株式会社