学術・安全性

この記事は歯科医療関係者のみご覧ください。〈一般のみなさまへの情報提供を目的としたものではありません〉

CAD/CAMインレー修復のポイント

2022年4月の診療報酬改定で、「CAD/CAMインレー」が保険適用となりました。
インレーの形状はクラウンの形状に比べ薄く、機械で加工するCAD/CAMインレーの修復には、窩洞形成、シェード選択、切削加工、装着の各工程に注意が必要な点があります。
スムーズな治療のために、修復の注意点などをご紹介します。

窩洞形成のポイント

メタルやレジンインレーとは異なり、特有の留意点があります。

  • マージンは、対合歯および隣接歯との接触部位を避けてください。
  • すべての線角および点角は丸めてください。
    角部への応力集中回避、スキャン精度向上、セメントスペース拡大防止が望めます。
  • イスムス部(狭窄部)で破折しやすいため、イスムス部は1.5 mm以上の厚みを設けてください。
  • 試適や装着時の破折を防ぐために、窩洞側壁の勾配をメタルインレーより強めにしてください。(4~6°)

  • メタルインレーのように窩縁斜面(ベベル)を付与せず、バットジョイント(ノンベベル)にしてください。
    窩縁斜面(ベベル)を付与するとインレー辺縁が薄くなり、破折する恐れがあります。

  • ラフマージンにしないようにしてください。
  • 歯肉側マージンは、ラウンドショルダー、ディープシャンファーにしてください。

シェード選択のイメージ

ヤマキンでは、CAD/CAMインレーに適した新シェード「E(エナメル色)」を発売いたしました。
天然歯のシェードとインレーに合うシェードをまとめました。

シェード選択例

 

これはヤマキンのKZR-CAD HRブロックシリーズを用いた例です。
インレーの厚みや窩洞部の色調などが影響するため、症例に応じてシェードを選択してください。

CAD/CAMインレーのシェード選択ガイド
https://www.yamakin-gold.co.jp/yn/ym173_cadcam-inlay/

切削加工のポイント

CAD/CAM冠用のシーケンス(加工プログラム)でインレーを加工すると、サポートがなく薄い箇所がたわんで削り残しになり、良好な適合が得られない場合があります。
代表的な解決方法は下の記事をご覧ください。

CAD/CAMインレーをCAD/CAM冠と同様の加工条件で切削すると?
https://www.yamakin-gold.co.jp/yn/wm011_cadcam-inlay/

装着のポイント

CAD/CAM冠と同じ方法で装着していただけますが、前処理材の厚みなど考慮すべきポイントがあります。

  1. 歯面への前処理材(ボンディング材)を光照射して使用する場合、前処理材の厚みも考慮してください。
  2. CAD/CAMインレー側の前処理で内面処理加算(45点)があります。
  3. 遮蔽性のレジンセメントは、辺縁が白くなりすぎる傾向があります。

    CAD/CAMインレーの場合、レジンセメントが表層に露出するため、KZR-CADマリモセメントLCは審美性の面で推奨いたしません。

パラジウム価格高騰の影響から、金銀パラジウム合金の代替材料としてCAD/CAM冠用材料(ハイブリッドレジンブロック)の注目度がますます上がっています。
脱離や破折、再製などのトラブルを回避し、スムーズな治療をおこなっていただく参考になれば幸いです。

KZR-CAD HRブロックシリーズ
https://www.yamakin-gold.co.jp/prdct_dental/cadcam/index.html

KZR-CAD HR ブロック2 BG 管理医療機器 歯科切削加工用レジン材料 認証番号:302AABZX00039000
KZR-CAD HR ブロック2 BGy 管理医療機器 歯科切削加工用レジン材料 認証番号:304AKBZX00009000
KZR-CAD HR ブロック3 ガンマシータ 管理医療機器 歯科切削加工用レジン材料 認証番号:229AABZX00114000
KZR-CAD HR ブロック3 ガンマシータz 管理医療機器 歯科切削加工用レジン材料 認証番号:303AKBZX00111000
KZR-CAD マリモセメントLC 管理医療機器 歯科接着用レジンセメント(光重合型) 認証番号:302AABZX00007000
製造販売元:YAMAKIN 株式会社 〒781-5451 高知県香南市香我美町上分字大谷 1090-3