Q&A

この記事は歯科医療関係者のみご覧ください。〈一般のみなさまへの情報提供を目的としたものではありません〉

【歯科技工Q&A】ルナウィング オペークデンティンの使い方

ルナウィング「オペークデンティン」の使い方を知りたい。

A

「オペークデンティン」は、デンティンの厚みが十分にとれない(築盛量が確保できない)症例に効果的にご使用いただけます。

ルナウィングのデンティンは、約0.8mmの厚みで各シェードの色が再現できるように設計していますが、デンティンの厚みが薄い症例(デンティン層約0.5mm以下)でも「オペークデンティン」を使うことで色調再現が容易になります。

「オペークデンティン」とデンティンの違いは「彩度(濃さ)」であり、色合いは同様なため、部分的に築盛量が異なる症例に併用しても色調の相違が表れにくくなっています。

デンティンと「オペークデンティン」のペレット
ペレットの厚み:0.5mm

 

オペークデンティンの使用方法をご紹介します。

1.「オペークデンティン」の築盛

シェードオペークまで重合した後、「オペークデンティン」を築盛します。
「オペークデンティン」は、デンティンの築盛量が少なくなる箇所に0.2mm程度の厚みで築盛します。
この症例では、メタルフレームの切縁付近に築盛しました。

ODA3の築盛

 

レジンの厚みが確保できる箇所(この症例では近遠心隣接部)まで「オペークデンティン」を築盛すると、色調が濃くなる場合があるため注意が必要です。

「オペークデンティン」を築盛後、筆で表面をならすと、オペークとの境界部が移行的に仕上がります。

ODA3築盛後、筆でならします。

筆でならし終わった状態

 

ODA3築盛箇所(唇側面)

ODA3築盛箇所(断面図)

 

2.デンティンの築盛

次にデンティンを築盛します。この症例では、隣接部など厚みが確保できる箇所ではデンティンだけを築盛します。
下の写真では、デンティンの厚みが確認できるよう、近心面だけに築盛しています。

デンティン築盛後(唇側面)

デンティン築盛後(隣接面)

 

このように「オペークデンティン」はデンティンの下に薄く築盛することで、オペーク色が目立ちにくくなり、自然な色調が再現できます。
デンティンの築盛量が確保できない症例に効果的にご使用いただけます。

この記事は過去に発行したQ&Aを再編集したものです。

管理医療機器 ルナウィング 歯冠用硬質レジン 認証番号:218AABZX00035000
製造販売元:YAMAKIN 株式会社 〒781-5451 高知県香南市香我美町上分字大谷 1090-3