Q&A

この記事は歯科医療関係者のみご覧ください。〈一般のみなさまへの情報提供を目的としたものではありません〉

【歯科技工Q&A】ルナウィング インビジブルオペークの役割

ルナウィングの基本築盛ステップにあるインビジブルオペークの塗布は必要ですか?

A

インビジブルオペークは必ずご使用ください。

 

インビジブルオペーク(下地用オペーク)は稠度(粘性)が高く、リテンションビーズのアンダーカット細部にまで流れ込むよう調整しています。

色調は白く半透明なので、光硬化深度が深く、アンダーカット部での重合不足の心配がありません。そのため維持効果が発揮され、咀嚼時の咬合力による剥がれといったトラブルも低減します。

リテンションビーズが埋まる程度に塗布し、90秒間(LEDキュアマスター使用の場合、10秒間)光重合を行います。ビーズのない辺縁部は薄く塗布します。

インビジブルオペークを使用することによってリテンションビーズの凹凸がなくなり、メタルフレームの表面が滑らかになるため、オペークの塗布が容易になります。

 

インビジブルオペークの塗布状態

 

インビジブルオペーク、オペークの塗布図

 

一方、通常のオペークは金属色を遮蔽するために稠度を低く調整しています。細部には比較的流れにくく、光透過性も低いです。 垂れを生じない稠度に調整しておりますので、辺縁が厚くならず隅角部のメタル色遮蔽が容易に行えます。

オペークの塗布状態

 

この記事は過去に発行したQ&Aを再編集したものです。

管理医療機器 ルナウィング 歯冠用硬質レジン 認証番号:218AABZX00035000
製造販売元:YAMAKIN 株式会社 〒781-5451 高知県香南市香我美町上分字大谷 1090-3